Posted by at

2008年11月26日

「きじ」 てっぺー歌詞の日

こんばんは。
てっぺーです。

今回は今ポラリスカブの中で一番新しい曲「きじ」の歌詞を紹介したいと思います。
「歌詞を知りたい!」と数名に言われ、「音源化して歌詞カードになるまで待ってください。」と言ったくせにちゃんと歌詞を紹介する僕は、女性が御手洗いに行っている間にお会計を済ませるそんなスマートな男のようでさすがだなと思いました。

それでは歌詞を紹介します。

「きじ」

「彼がいなくなってあれから5年目の春が来たね」
母がポツリ
父は何も言わず部屋へと戻った

あれからそんなになるかって僕も目を閉じ君の姿思い出す
膝の上に手をおいて「にゃぁ」て鳴いてくれないかい

ねぇきじ
あの日の君は今にも消えそうな命振り絞り
小さな体にゃ似合わない大きな瞳で僕を見つめ
声にならないような声で小さく「にゃん」と鳴いてみせた

ねぇきじ
あの頃の僕は小さなてんとう虫にさえ怯えてて
初めて抱いたその命は優しさに似た温かさと
男の子に近づけたよな そんな気分にさせてくれた

あれから「いつも一緒にね」なんて君を独り占めしてたから
だからほら君は

さみしくて泣いてる僕を見て
トコトコ近づいて膝の上
さみしくなんかないよ僕がいる
頬をペロリ
「にゃぁ」てないた

君がいなくなってあれから五年目の春がくれど僕は今も
泣きたくなると君の きじの名を呼ぶ

ねぇきじ
あれから十数年の時を経て僕らはまだ二人
日々起こる嬉しい出来事
日に日にたまる悩み事
ひとつ残らず君に話し
君は黙ってそれを聞いてた

何にも知らぬ君に八つ当たりしたこともあって
それなのに 君はほらいつも

つらいよと泣いてる僕を見て
トコトコ近づいて膝の上
泣いてもいいよ傍に僕がいる
頬をペロリ
「にゃぁ」てないた

僕がなくといつも 君が傍にいるから

正午 母からのメールで
君の命の終わり近いと知る
「今日は早く帰っておいでね」と母
僕は遅く帰る

ドアを開ける母が泣いている
スヤスヤ眠るように君がいる
撫でる体には温もりはなく
頬をつたう
僕も泣く

僕が泣いているよ?
ねぇ ねぇ

「彼がいなくなってあれから五年目の春が来たね」
母がポツリ
父は何も言わず部屋へと戻った

あれからそんなになるかって僕も目を閉じ君の姿思い出す
膝の上に手をおいて「にゃぁ」て鳴いてくれないかい

-----------
この歌はタイトル通り歌詞通り「きじ」という飼い猫を思い書いた歌です。
来年の春で6年目になるのですが、5年目の命日にたまたま僕は実家に帰っておりました。
歌詞中にもあるように、近所の女の子に抱えられてきじがうちへ来たときはほんとにぎりぎりの状態で、飼う飼わないではなく父が必死に暖めながら命を救ったのを覚えています。
当時僕はテントウ虫や小さな犬から泣きながら逃げるような女々しい少年だったのですが、きじはすんなりと抱っこしたのをよく覚えています。
なんだかんだで家族全員情が移り、晴れて荻野家の一員となったきじですが、すっかり元気になり、我が家の人気者でした。
猫にしては珍しく、名前を呼べば膝の上に来て、夜は家族誰かの布団で眠るようなやつで、毎日がきじ争奪戦でした。

ペットを飼ったことがある方は分かってもらえるかと思いますが、きじにはいろんな話をし、時に反抗できないことをいいことにもやもやのはけ口にしたり、さみしい夜を一緒に過ごしてもらったりしました。

僕が中学生くらいの頃に猫エイズという病気が発覚し、あまり長生きできないが猫にしてはすでに良く長生きしているという診断がくだされました。
僕らにとってはきじはペットではなく家族だったので、(特に母が)発病を防ぐよう大事に大事に一緒に生活しました。

結局きじはそれから数年を生き、人間だったら裕に100歳は超えるであろう齢まで生き、2003年春に息を引き取りました。

「きっと今日できじくんとお別れになると思います
最後にてっぺーくんもお見送りをしようね。
いろいろ予定もあるかもしれないけど、今日はまっすぐ、早く帰ってきてキジ君との最後を一緒に見送ろう。

母より」

そんなメールが授業中の僕に送られてきたのですが、なんだか受け入れられず、怖かったのであてもなくぶらぶらと終電間際まで家へは帰らず、夜遅くに部屋へ戻りました。

リビングで泣きじゃくる母の前に横たわるきじを撫でながら、涙を必死で抑え、何か一言二言告げた後階段を昇り自分の部屋のベットでわんわんと泣いたのを覚えています。

僕が泣いているといつもきじが来てくれていたのですが、最後は涙を見せずに一人でも大丈夫ですと言いたかったのですが、結局一晩中泣いたのを覚えています。

5年という歳月が「きじ」という大切な家族との別れを歌にできるほどにしてくれましたが、この歌を歌うと、やっぱり少し泣けてきます。
こうやって振り返りながら歌詞を書いてもやっぱり泣けてきました。

なんだかまとまらなかったですが、こういう歌です。
いま、僕だけではなくポラリスカブ、そして聞いてくれるみなさんの中でも大切な一曲になっていることを、大変嬉しく思っております。

追記:
現在我が家はどこに行っても猫がいるほどの猫屋敷になっています。
僕があまりに帰ってこないため小哲という名前を付けられた大きなデブ猫は父のお気に入りです。
2度目にきじをうたった日は「クマ」という猫の命日となってしまい、全然歌えなかったです。

以上。  


Posted by ポラリスカブ at 01:59Comments(3)てっぺー歌詞の日

2008年06月17日

「虹色カブに乗って」 歌詞の日

約束通り歌詞を書きたいと思います。
『いたずら』に入っている1曲目「虹色カブ」の続編です。
個人的にはサビなんかみんなで歌ったら最高だと思っているので歌詞を覚えてほしいです!!

では、

---------------------------------------------------------------
『虹色カブに乗って』

「会いに来て早く。」なんて めずらしく君がわがままなそぶりするから
虹色のカブにのって君を迎えに行くね 行く先ならどこでもいいから

君の大好きなあの公園で一休み
本当は君も一緒ならそれが一番いいけれどさぁ
最近は僕も何かと忙しいわけで
君と過ごす時間も徐々に減ってきたよね ごめんね

君と初めて出会ったあの海で二人
かじかんだ小さな手で握り締める冷めた缶コーヒー
本当は僕がその手を握りたかったけど
君は一人波打ち際で砂のお城を作ってた

そんな僕の気も知らず君は眠りにつくわ
斜め後ろ 寝言交じり僕に告げる

「愛してる ほんと」なんて珍しく君が僕みたいなことを言うから
虹色のカブにのって君を迎えに行くね 行く先ならどこでもいいから
とりあえず君を迎えに行くから 南の星探しに行こう

君も大好きなあの丘の上で二人
流れ星の落ちたところまで二人で行こうって話
そしたらね 願い事いくらでもかなうかも
僕が言うと君はその大きな眼をキラキラさせた

そんな僕の願い叶わず 一人の部屋には
流れ星付きのメール 僕に告げる

「会いに来て早く。」なんて めずらしく君がわがままなそぶりするから
虹色のカブにのって君を迎えに行くね 行く先ならどこでもいいから

とりあえず君を迎えに行くから 南の星探しに行こう

南の星探しに行こう

--------------------------------------------------------------------------]
はい!
ではみなさん一緒に歌いましょうね!!
  


Posted by ポラリスカブ at 13:58Comments(2)てっぺー歌詞の日

2008年05月23日

5年後の僕からボクへ 歌詞の日

今日は比較的新曲で、地味に好評をいただいている曲を紹介したいと思います。
個人的にはすごく大事にしている楽曲です。


『5年後の僕からボクへ』

あの日の僕がこう問う
「僕よ、君は今でも歌っていますか?」
「ラララ 聞こえるかい?」
ぞくに言うこれを約束の歌としよう

あの日のボクにこう問う
「君の目に僕はどう映っていますか?」
なにか違うなら教えてほしい うまく笑えなくなるから

手にするものが多すぎて失い続ける日々ですが
無くしたくない思いは僕も持っているつもりです

僕はきっと大丈夫 君と同じように想えてる
なんて言われたったっていい
ボクが認めよう

あの日のボクがこう問う
「君の愛する人は笑っていますか?」
「多分大丈夫 なんだかんだ言って今も一緒にいます」

愛とか恋とか未だに
うまくは言えない僕ですが
なくしたくない思いは僕も持っているつもりです。

僕はきっと大丈夫 君と同じように想えてる
なんて言われたったっていい
ボクも同じさ

「僕が生まれるちょっと前
君が生きてたその頃に
胸描いたその夢が
今の僕の生きる意味さ」
なんてかっこつけてはみたものの
うまくいかないことばかり

笑われたってかまわない
それで僕が笑ってられるなら

多分僕はきっと大丈夫
君と同じように笑えてる
なんだかんだ言われたっていい

僕はきっと大丈夫
君と同じように想えてる
なんて言われたったっていい
僕が認めよう



-----------------------------------------------------------------
この歌は、高校生のとき、純粋に歌を一生歌いたいと思っていたボクと
周辺が社会へ飛び出し、僕自身現実や不安に押しつぶされそうになりながらも歌を歌いたいと思う今の僕との会話のつもりです。

無知ゆえに手にしていた、夢と自らを輝かせるすべを、賢くなるにつれて失う僕。
今の僕の生活を、人はドロップアウトとか現実逃避と笑いますが、僕はそんな人たちの人生に憧れることはできませんでした。
人になんといわれようと、5年前の僕と再会したとき、がっかりされないような僕でいたいと思ったのです。

あえて絶対に認められたい人がいるとしたら、それは過去の僕だったりするのです。

なんだかわけが分からなくなってしまいましたが。
ようはそんな歌です。

  


Posted by ポラリスカブ at 15:47Comments(4)てっぺー歌詞の日

2008年05月08日

歌詞の日 「キセキトヨブ」

初めてのイベントではじめてやった曲ですが、未完成ながら好評を頂き。
「歌詞が知りたい」というご連絡をいくつか頂いたので、他の曲の歌詞紹介すらままならないですが、早速紹介したいと思います。

「キセキトヨブ」

キミとボクが繋ぐ手を「運命」ってキミは呼ぶ
ごめんね でもボクはね運命なんて信じない

キミとボクの薬指 光る指輪ないけれど
繋いだその手と手の温度確かに感じるよ
キミとボクの小指には 赤い糸はないけれど
繋いだその手の中 赤い血がね脈打つの

そうボクが言うと首をかしげて
「分からないわ」とキミはつぶやいて
「運命だって信じたいだけ。口に出すのはいいでしょう?」

ねぇ、ほんじゃボクらそうやって
見たこともない神に決められた
運命で繋がったその手の結末ももう決まっているのかな?
違うね。。。

不器用な左手で キミの手をつかむのは
無意識なんかじゃなくて 確かに必死にキミを感じるため

運命と呼んで泣き笑うキミ
奇跡と呼んでそれを拒むボク
それは意地悪なんかじゃなくて
もっとキミを大事にしたいから

そうボクが言うと首をかしげて
「分からないわ」とキミはつぶやいて
「運命だって信じたいだけ。口に出すのはいいでしょう?」


ねぇ、運命って喜んで
人はいつかそのまま流されて
奇跡の出会いなんて感じずに
サヨナラ バイバイ マタイツカ

そんな運命ならいらないって
奇跡と呼んだボクがここにいて
だってこの星この場所で2人1つになるだなんて奇跡でしょ

だってボクが生まれたこと自体
ましてそこはキミの生まれた時代
そんな二人が繋ぐ手と手はきっと奇跡でしょ?
----------------------------------------------------------------------
ちなみに今までの歌詞もそうなんですが、自分は曲を続けていくうちに、言い回しなんかをちょこちょこ変えちゃいます。
だからこことライブと歌詞が違うくても間違えてるわけじゃないと思ってください。

・・・てへっ

この歌詞の説明は今は控えておきます!!
なぜなら長くなり過ぎそうだから!!

  


Posted by ポラリスカブ at 01:32Comments(4)てっぺー歌詞の日

2007年06月12日

歌詞の日「ただいまなさい」

こんばんは。てっぺーです。

今夜は歌詞の日にしようと思います!
今回は「ただいまなさい」です!
どうぞ!!!




「ただいまなさい」だなんてチャイムを押してかえるから
「おかえりなさい」っていって玄関で出迎えて
君が待っている間 僕もずっと一人でいたんだよ?
だからねそんなふくれっ面しないで「お帰りなさい」をよろしくね

「ただいまなさい」だなんてチャイムを押してかえるから
「おかえりなさい」っていって玄関で出迎えて
まずお前にしようかななんていったら君はひいちゃうね
けどね走って帰ってくるからお帰りのチュウをよろしくね

20回目の満月の夜
君に伝えたい言葉を持って
手土産には十分すぎるでしょ?

どこにいたって
何してたって
星の合鍵は首から提げてたよ
遅くなったけど笑って許してください
あははってな具合に

ごめんね夕昏前には帰ってくるって言ったけど
気づけば短い針は12時を指差すの
この曲がり角曲がれば君はきっと一人で待ちぼうけ
ごめんね、かじかんだ手冷たくって ごめんなさいじゃ足りないね

一人きりの時間も君がいて
どこかなんか笑えてきたりして
それもきっと君に触れる手段

ふざけてばかりのこんな僕も
たまに考える君との時間
後で会えるとかなんとかかんとかはもう
わからないから

君がいて僕がいて
地球は相変わらずぐるぐるまわるなんて保証はどこにもない
ましてや君と僕がいるなんて。。。
それはもう会う度に 「ありがとう。。。」

どこにいたって
何してたって
星の合鍵は首から提げてたよ
遅くなったけど笑って許してください
あははってな具合に

どこにいたって
何してたって
星の合鍵は首から提げてたよ
今日はずっと一緒
泣いて喜んでください
あははってな具合に

----------------------------------------------------------
この曲は恋愛の歌に見立てた、僕の歌うたい復活記念の歌です。
音楽の神様がいるのならこんな感じで僕をステージで出迎えてほしいなと思いながらつくりました。  


Posted by ポラリスカブ at 01:56Comments(0)てっぺー歌詞の日

2007年04月27日

歌詞の日「またね。」

こんにちは、てっぺーです。
2度目の歌詞の日です。
今回は「またね。」です。
どうぞ!

またね。

会いたくなっても会えなくて
目と鼻の先の君にうちなのに
見えない姿と消えない想い
さよならの意味をしったんだ 「ねぇ...」

君はまだ覚えてますか あの日のケンカの一部始終を
売り言葉に買い言葉ってやつかい? 僕は君の涙誘った

僕だってほんとはこんなこと言いたくなかったよ ほんとだよ
君との未来に疑いだなんて一ミリたりともなかったんだけど

君のいない部屋に戻って誰もいない部屋をノックする
3回目のコツンの音ちょっとさよならって聞こえたんだ

未練と呼ぶには早く 女々しくてもかまわない
君の目も口もあの癖さえも
愛しくて触れたいそんな日にも

会いたくなっても会えなくて
泣かないって言ったら嘘になるけど
重ねた心と離れた影
さよならの意味をしったんだ
もう会わないと約束した
三日月の夜のあけていく空に
見えない姿と消えない想い
またね。っていって欲しかったんだ

髪も癖も声も高い鼻も笑い方も涙も指先も
いなくなるならいっそその全て
僕の頭からさよならして欲しかった

思い出にはまだ早く 続いている物語
2ページ前までは僕ら二人
笑いながらつづっていたのにね

好きになる理由10あれば
嫌いになるのも簡単でしょなんて
さらっと言った君よどうか
またね。って言って欲しかった
もう会わないと約束した
三日月の夜のあけていく空に
見えない姿と消えない想い
またね。っていってほしかったんだ

北斗の南オリオンの北
星になった少女に歌う
さよならっていう意味ではなく
またね。って言って手を振って 「ねぇ・・・」  


Posted by ポラリスカブ at 15:18Comments(4)てっぺー歌詞の日

2007年03月30日

歌詞の日「いたずら」

さてさて、定期的に歌詞の日なるものをはじめてみようかなと思います。
つまり歌詞を紹介します。
本当は歌詞を公表するのは嫌です。
理由はひとつ。
本番で間違えたとき突っ込まれるから。
でも、どんな歌歌ってるのか知ってほしいから書きます。


「いたずら」

少し背の低い君が
爪先立ちで僕の唇をねらう
そんな君のしぐさが好き
僕はひざも曲げず君をぎゅっとした

夢を見ていた


僕と君との間
君と僕との間
踏めない線を引いて
越えないように離れないように
それが僕と君の形

僕と君との間
君と僕との間
手を伸ばせば届く
触れないように逃がさないように
それが僕と君の決まり

君が笑えば僕が泣いて
僕が笑えば君も笑うならね
いっそじゃれあいながらぎゅっと
ひとつになればいいかって思うんだ

ちなみに僕が吐いたいたずらのような言葉は全部本心さ
冗談交じりじゃなきゃ伝えられないような恋でした
少し背の低い君が爪先立ちで僕の唇をねらうそんな君のしぐさが好き
僕はひざも曲げず君をぎゅっとする

夢を見ていた


僕と僕と君と君との間超えればいとも簡単に
気がつくと君は僕の側にいたんだ・・・
君がきれいだねってなぞる指で
僕の大好きな好きな君の髪なでる
なんかそういうのが すごくうれしかった

君が笑えば僕も笑う
僕が笑えば君も笑うそれは
なんて素敵な二人でしょう
一緒にいてもいいかい

ちなみに僕が歌うこの歌は まだね君に向けた歌じゃないの
冗談交じりじゃないそんな歌いつか君のため歌うね
少し背の低い君が爪先立ちで僕の唇をねらうそんな君のしぐさが好き
僕はひざも曲げず君をぎゅっとした

君がいた

***********
すごくわかりにくいと思いますが、略奪愛の歌なんです実はこれ。
二人の間には越えてはいけない線があるのですが、気持ちに素直になると離れられない自分がいます。
そして、いったん越えてしまうと、実はそれが一番よかったって言う、、、
結果オーライな歌です。

それを赤裸々に歌ってみました。  


Posted by ポラリスカブ at 01:52Comments(0)てっぺー歌詞の日